コンピュータグラフィックス実習

担当: 日置尋久



概要

コンピュータグラフィックス(CG)とは,(ディスプレイ等に表示する)画像データを生成する技術です. CGは,デザイン,映画,ゲーム,シミュレーションなど, さまざまな分野で利用されています. とくに3次元CGでは, コンピュータ内に構築された仮想的な3次元世界を仮想的なカメラによってとらえる過程をシミュレートすることで,画像を生成します.

本実習では,既存のCGソフトウェアを用いず, プログラミングにより 3次元CGの描画技術,3次元の形状の表現, またアニメーションやインタラクティブな処理について学び, 実践的なCGプログラミングの実習を行います.

Linux環境のもとで, プログラミング言語Ruby を利用して実習を行います. とくに予備知識は仮定しませんが,プログラミングの経験があれば, 実習に取り組むのに役立つことでしょう.

授業資料

  1. イントロダクション
  2. 初期設定(実習を始める前に)
  3. デジタル画像の基礎
  4. OpenGLの基礎
  5. インタラクション
  6. アニメーション
  7. 3次元CGの基礎
  8. シェーディング
  9. テクスチャマッピング
  10. 曲線と曲面
  11. 形状モデリング

課題

本実習では,テーマ毎に課題を設定します. 課題提出に関する注意をよく読んだ上で, 提出して下さい.

関連サイト

参考資料

参考書

外部資料