イマジナリーキューブ パズル 3H=6T :

重六角錐イマジナリーキューブ(H)と反三角錐台イマジナリーキューブ(T) は、
とても不思議な多面体です。
3H=6T パズルを解きながら、その美しさを感じてください。



重六角錐イマジナリーキューブ(省略して H とよびます)は、
2つの正六角錐を底面で貼り合わせた形をしています。


反三角錐台イマジナリーキューブ(省略して T とよびます)は、
正三角柱の片方の面の頂点の周りを切り落とした形をしています。

H と T はイマジナリーキューブです。
ぴったりと箱に入れることができます。
このように1個づつ入れること自体、面白いパズルです。


よって、この2倍の大きさの箱には、H と T と
合わせて8個なら入れることができます。
このパズルは、その箱に H3個 と T 6個の
合わせて9個を入れるパズルです。

しかも、ピースの間に隙間が生じない様に入れることができます。
その様な入れ方は、箱の回転を除いて一通りしかありません。
その入れ方は、このような三回対称性をもった奇麗な形をしており、
H と T による3次元空間のタイリングと密接に関係しています。

このパズルは、

といった性質と関係しています。
H は 六角形、T は三角形を基本とした形です。
それらが、立方体と同じように四角く見えること自体、面白いですよね。



このパズルは、 京都大学総合博物館ショップ ミュゼップから
パズルの遊び方と簡単な解説を書いた本とともに販売しています。
(ネット注文もできます)。